スレート屋根の寿命とは?メンテナンス方法も解説します!



日本で主流の屋根材であるスレート屋根の寿命はどれくらいかご存じですか。
今回は、スレート屋根の寿命について解説し、そのメンテナンス方法についてもご説明します。
ぜひお役立てください。


□スレート屋根の寿命とは

スレート屋根の寿命は、10年から20年ほどと言われています。
そのため、一般的には新築10年ごとに定期的なメンテナンスを行うことが必要です。

スレート屋根に使用されている化粧スレートは、セメントが主成分です。
そのため、スレート自体には防水性がなく、塗装によって防水性が保たれています。

しかし、日々直射日光や雨水に晒されることで、だんだんと劣化が進行して、塗装による防水性が薄れてしまいます。
塗装がはがれてむき出し状態になったスレート屋根では、ますます雨水を吸収し、スレートの劣化が急速に進行してしまいます。
最終的には、スレートが吸収した雨水が室内に染み込み、雨漏りにつながります。

したがって、スレート屋根の寿命は塗装が命と言えますね。
前回のメンテナンスから10年が経過している場合は、塗装による防水性が切れていないかどうか一度確認してみましょう。

スレート瓦 塗装前アップ.jpg

スレート瓦 塗装前 1.jpg



□スレート屋根のメンテナンスについて

次は、スレート屋根のメンテナンスについて解説します。

まずは、先ほどご紹介した塗装です。
スレート屋根に塗装を行うことで、防水性を高めます。
塗装はスレートの劣化の進行を遅らせるために、非常に重要です。
少しでも傷みの症状が出たら、早めに塗装をお考えになることがおすすめです。

そしてスレートの劣化がかなり進行し、塗装しても意味がない状態になった時は、スレートのカバー工事を行います。
カバー工事とは、上から新しい防水紙と屋根材を葺き上げます。
既存の屋根を撤去せずに、上から施工するので撤去費用がかからず、葺き替え工事よりも費用が抑えられます。

最後に、屋根材の劣化を放置してしまって、雨漏りが発生しているような状況の場合は、屋根を取り換える葺き替え工事を行う必要があります。
この場合、腐った木材まで交換するなど、かなりの大掛かりな工事になるため、金額も高額です。
葺き替え工事が必要な状態になる前に、塗装などの定期的なメンテナンスを行うことが重要ですね。

変換 ~ スレート瓦2.jpg

□まとめ

今回は、スレート屋根の寿命について解説し、そのメンテナンス方法についてもご説明しました。
スレート屋根の寿命を延ばすには、定期的な塗装が必要不可欠です。
屋根の塗装に関して、ご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。


外壁塗装 フォーシンク出雲 出雲
外壁塗装 出雲 フォーシンク出雲