雨漏りにより住宅が腐食?放置した場合の被害について紹介します



「最近、家が雨漏りしている気がする」、「雨漏りしているけれど、放置しておいてはいけないのか」という方は、是非一読ください。
雨漏りは放置すると、腐食する場合があります。

今回は、雨漏りの被害や修理について紹介していきます。

□雨漏りを放置したときの被害とは

雨漏りは放っておくと、放置しておいた時間に比例して被害が拡大します。
実は、不動産業界では、雨漏りが1番家の価値が下がる建物トラブルといわれています。

では、どのような被害があるのでしょうか。

「家が腐る」、「シロアリに家を食べられる」、「カビによる家具や健康の被害」というような被害が待ち受けています。

1箇所だけの雨漏りでも、放置していくと、被害は広がっていきます。
つまり、放置すると、刻一刻と家の資産価値が下がっていると言っても過言ではありません。

ここまで読んで、心配で早く直したいと思っている方は大丈夫でしょう。
しかし、「天井に少し染みがあるくらいだから大丈夫だろう」、「たまにするくらいだからまだ大丈夫」と考えている方は危険です。

少しの雨漏りでも早めの対処が大切です。

□雨漏りの修理は業者に頼もう

自分でできる雨漏りの修理方法もあります。
具体的には、ブルーシートでのカバー法や防水コーキングです。

ブルーシートでの場合、雨漏りしている部分をブルーシートで覆う方法なので、応急処置程度で考えておいた方が良いでしょう。

防水コーキングは、コーキングと呼ばれる建物の隙間をふさぐ充填剤で、雨漏り部分をふさぎます。
誤った場所にコーキングすると、見た目が悪くなるかつ別の場所から雨漏りが発生する可能性があります。

このどちらの方法でも、屋根から落下する危険もあります。
慣れてない足場での作業は危険ですので、避けたほうが良いでしょう。

では、業者はどのような修理をするのでしょうか。

例えば、屋根の修理、外壁の修理、屋上の修理があります。
これらのどれにも耐用年数があります。
耐用年数を過ぎていることで、雨漏りが起きている場合もあります。

屋根の修理では、瓦の修理や漆喰の塗りなおしなどを行うため、根本から雨漏りを防げます。
他の箇所にしても、業者に修理を依頼すれば、雨漏りの再発が起こる可能性は限りなく低いでしょう。

□まとめ

今回は、雨漏りの被害と、修理について紹介しました。
雨漏りは、厄介なトラブルです。
天井がシミになっている、たまに雨漏りするくらいの場合でも、ぜひ当社にご相談ください。



尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。


外壁塗装 フォーシンク出雲 出雲
外壁塗装 出雲 フォーシンク出雲