外壁の色でお悩みの方へ選び方をご紹介します!



外壁リフォームの際に非常に重要なのが、色選びです。
色選びに関する知識やコツを知っていれば、おしゃれな外壁が実現できますし、失敗も防げます。
そこで今回は、外壁リフォームで色選びをする際のよくある失敗と、おさえておきたいポイントについてご紹介します。

変換 ~ 20210606g01.jpg

□外壁リフォームの色選びでよくある失敗をご紹介!

色選びでよくある失敗を多い順に3つご紹介します。

1番目に多いのが、イメージしていた色と違ったという失敗です。
カタログや色見本から気に入った色を選んだはずなのに、思っていた色よりも濃かった、色が違って見えたということがあります。

2番目に多いのが、選んだ色が汚れが目立つ色だったという失敗です。
外壁は雨や埃に晒されるので、色によっては汚れが目立ちます。
せっかくリフォームしたのに、綺麗が長持ちしないということがあります。

3番目に多いのが、外壁の色が玄関ドアや屋根の色と合わなかったという失敗です。
実際にリフォームすると、玄関のドアや屋根との相性が悪くて、アンバランスになったり、奇抜な感じになったりすることがあります。

□色選びの際におさえておきたいポイントご紹介!

どうすればこのような失敗を防げるのでしょうか。
ポイントを5つ解説します。

1つ目に、落ち着いた色を選びましょう。
理由は、家がまわりの風景に溶け込んで、悪目立ちしないからです。
色の選ぶ際は、まず自然の色より目立たない色、次に親しみやすい色味や控えめの色味、最後に汚れが目立ちにくい色の順に意識していきましょう。
また、屋根や玄関ドアとの調和も考えておきましょう。

2つ目に、近隣の家や町並みを見回ってください。
道路向かいにある三軒の家と両隣の家の色を確認するといいでしょう。
実際に周囲の景観や街並みから浮いている家を発見して、参考にできるのも見回りのメリットです。

3つ目に、選んだ塗料を塗った現場を見せてもらいましょう。
現場を見学するときは、リフォームしてどれくらいか、汚れや色あせがないか、劣化の具合はどんなものかといったことに注目しましょう。

4つ目に、大きいサイズの色見本を作ってもらいましょう。
1週間ほど時間がかかるかもしれませんが、より大きな面積で見た方が良いので、必ず業者にお願いしましょう。
また、色見本はリフォームで使う壁材と同じ物で作ってもらいましょう。
できた色見本は実際に外壁にくっつけて、天候や時間帯、方向を変えながら、見え方を確認しましょう。

5つ目に、中塗り後の見え方の確認です。
下塗りの後に2回行う上塗りの1回目が終わったときに、1度シートを外して全体を見せてもらいましょう。
見え方に不満があるときは、絶対ではありませんが、上塗り塗料を別の色に変えてもらうことが可能です。
中塗り後に確認したい方は、あらかじめ確認したい意思があることを伝えておきましょう。

□まとめ

外壁リフォームで色選びをする際ある失敗と、色選びで参考にしてほしいポイントについてご紹介しました。
ポイントの方は少し多いですが、ぜひしっかり確認しておいてください。
出雲市、松江市、及びその近郊で外壁リフォームをご検討されている方は、当社までお気軽にご相談ください。

尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。
そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。
詳細はこちらをご覧ください。


外壁塗装 フォーシンク出雲 出雲
外壁塗装 出雲 フォーシンク出雲