トタン屋根の種類には何がある?メリットやデメリットもご紹介!



屋根のリフォームなどでトタン屋根をご検討の方は多いでしょう。
そこで今回は、トタン屋根の種類を紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

□トタン屋根の種類をご紹介!

トタン屋根の「トタン」とは、金属屋根の種類のうちの1つのことを指します。
主な工法の種類は次の4つです。


1つ目は、瓦棒葺きです。
屋根の頂上から、軒先まで縦に瓦を設置する工法です。
木製の桟の上から、トタンをかぶせます。
g202201140000000.jpg


2つ目は、縦平葺きです。
先ほどの瓦棒葺きとは似ていますが少し異なり、桟を使わずに「ハゼ」を使います。
そのため、この工法は桟が腐食する心配がありません。
また、施工の自由度も高くなります。


3つ目は、波板トタンです。
トタンを波の形に加工しています。
波の形にすることで、薄い鉄板でも強度を高い屋根になります。
このトタン材は、ホームセンターなどでも入手できるため、DIYにもよく使用されます。
g20220114000001.jpg


4つ目は、折板屋根トタンです。
先ほどの波板トタンのように波型ではなく、折り曲げることで横から見て台形になるように加工されています。
波上よりもさらに強度の高い屋根になります。
そのため、工場や体育館、商業施設などでよく採用される工法です。

□トタン屋根のメリット・デメリットをご紹介!

*トタン屋根のメリットは?

1つ目は、価格が安いことです。
トタン屋根は、屋根材の中でも一番費用が安い屋根材のひとつです。
素材自体が安いと、修理や張り直しなどのメンテナンス費用も安くなるというメリットがあります。


2つ目は、軽量なことです。
軽量な特徴により、家の構造を選ばず設置できるうえ、耐震性が向上します。


3つ目は、緩い勾配にも施工できることです。
一般的な屋根材は、ある程度傾きがないと設置できません。
しかし、金属屋根であるトタン屋根は、ほとんど傾きがなくても設置できます。

*トタン屋根のデメリットは?

1つ目は、錆びやすいことです。
トタン屋根は、表面が溶けることで屋根に穴が開くのを防いでいますが、その際に内部の鉄部分が露出します。
そのため錆びやすいという特徴があります。


2つ目は、夏場は暑いことです。
トタン屋根には断熱効果がなく、夏場は表面温度が高くなりやすいです。
そのため、室内は大変暑くなります。


3つ目は、雨音が響きやすいことです。
遮音効果がなく、室内に雨音が響きます。

□まとめ

今回は、トタン屋根の種類とメリット・デメリットをご紹介しました。
ご検討の方はこの記事をぜひ参考にして、屋根材を選ぶ際に役立ててくださいね。
屋根の塗装に関して、ご不明な点等ございましたら当社までご連絡ください。



尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。


外壁塗装 フォーシンク出雲 出雲
外壁塗装 出雲 フォーシンク出雲